実は一人暮らしの隠れた味方。買い切り2,000円のお手軽な体型維持アイテム

実は一人暮らしの隠れた味方。買い切り2,000円のお手軽な体型維持アイテム

買い切り2,000円のお手軽な体型維持アイテム。
それは体重計だ。

「体重計?そんなもん要らないよ。一人暮らしにはジャマになるだけだし」
と思ったそこのキミ。甘い。

体重計を持ってないヤツはデブまっしぐらだ。
太るだけならまだ良い。
問題なのは健康を損ねる可能性が高いことだ。

今日は「一人暮らしこそ体重計は買っておくべき」という話をする。

体重計を持つことは体型維持だけでなく、健康維持にも役に立つ。

目次

ただ体重を測るだけじゃない。体重計は半自動で体型維持に役立つ

ただ体重を測るだけじゃない。体重計は半自動で体型維持に役立つ

結論から言うと体重計は「ただ体重を測るだけじゃない。体重計は半自動で体型維持に役立つ」
ということだ。

アナタはこんな話を聞いたことはないだろうか。

「毎日、体重計に乗るだけで痩せる」

ウソだと思われるかもしれないがこれは事実だ。

そういう実験が過去、愛知県の蒲郡市で実施された。

「体重測定100日チャレンジ 目指せ1万人!」という試み。方法は、Web上で100日間体重を記録し、体重の変化を観察するというものです。終了後、参加者の体重の変化を分析したところ、痩せ・肥満傾向にある参加者のBMI(肥満度をあらわす指標)が正常に近づいたことが分かりました。

侮れない!毎日の体重測定がもたらすダイエット効果 – ライブドアニュース
https://news.livedoor.com/article/detail/14654396/

この理由はシンプルだ。

「自分の体重を数値で把握する」
「体重が増えているのか減っているのかの自己認識」

現在の体重とその推移を自分で認識できること。
それが体重増加、肥満予防に役に立つ。

要するに、何かの病気でもない限り、太っている人は自分が太っているかどうか、把握できていないだけ

ならば対策は自分の体重を知ることから。

そして毎日体重を測ることで常に頭の中に自分の体重があれば、食事や生活習慣などにも自然と気をつけるようになる。

自分の体重を知っているか、知らないか。

違いはそれだけ。

たかが体重計と甘く見ないほうが良い。

一人暮らしの健康状態を管理できるのはキミだけだ。

太るくらい別にいいんじゃない?と思っているキミ。その油断は後で後悔することになる

太るくらい別にいいんじゃない?と思っているキミ。その油断は後で後悔することになる

「別に太るくらい別にいいんじゃない?」と思っているなら
危険だ。

その油断は後で後悔することになる。

太るというのはただ太るだけじゃない。

  • 持っていた服が着れなくなる
  • 高血圧など生活習慣病やその他の病気になりやすくなる
  • 異性にモテなくなる

経済的にも精神的にもマイナスになることはあっても、プラスに働く事はない。

ただでさえ一人暮らしの場合は、生活習慣が崩れやすい。

暴飲暴食、夜ふかし、朝寝坊。

これは一人暮らしの特権みたいなものだ。

しかしこれも日常的になると体を蝕む。

20代ならともかく、30代になると
一度太ってしまうと体型も戻りにくくなる。

何より、病気のリスク。

僕の友人で30代で健康診断に引っかかり、高血圧と診断された。

それ以後、食事制限をして気をつけているが、完治することはなく、これから一生食事に気をつけないといけない。

悪いことは言わないから気をつけておいて損はない。

何より、男も女も太っているとモテにくいぞ。

ちなみに僕は40代でBMI値20.7の普通体重

僕は160cm前半、体重55Kg。
BMI値 20.7 で普通体重だ。

健康診断で特段悪いところはない。
この体型が維持できているのも体重計を持っていたのが良かったと思っている。

持っていれば、すぐ測れる。
現状把握ができる。

何度も言うが現状の把握は重要だ。

BMIと適正体重 – 高精度計算サイト

https://keisan.casio.jp/exec/system/1161228732

実を言うと、初めて一人暮らしをする時、僕も体重計なんか要らないと思っていた。

要らないと言うより、一人暮らし購入リストに入ってすらいなかった。

しかし、母親が「体重計を持っていけ」と持たせた。

洗面所にそれほど余裕もなく、邪魔だな、と思ったが今思えばあれは体型維持の分かれ道だった。

もしあの時体重計を受け取っていなかったら、僕は今の体型を維持できていない。

一人暮らしを始めてわざわざ体重計を買おうと思ったかも疑問だ。
「まあ、別にわざわざ体重計なんて買うまでもない」
と、タカをくくっていただろう。

あの時体重計を持たせた母親に感謝したい。

毎日の体重の計測はもっともお手軽で安上がりなダイエット方法

僕個人としては、ジムに行ってトレーニングしたり、通勤時に駅を一つ早めに降りて歩いたり、休日にジョギングするより、まずは食事のとり方を買えないと痩せることはないと思います。

痩せるか痩せないかは非常にカンタンで「消費するカロリーより摂取しているカロリーの方が多い」だけだ。

体重計よりも摂取している一日のカロリーの記録も合わせてやれば良いだろう。

運動云々はその後の話だ。

自分の現状を把握しないまま
ただむやみに走ったり筋トレしたりして、「それで痩せない」と言ってる人がいるがまず自分の体重を知ることから始めるべきだ。

体重計は買い切り2000円でできるダイエット

体重計は買い切り2000円でできるダイエット

一人暮らしは自分一人で健康管理をしないといけない。
健康管理をするとき、何で管理する?スマートウォッチでも良いが高い。

体重計なら2000円程度で買えるし、最近だと体脂肪率を図ることもできる。

安上がりで必要十分。僕はこれでも毎日体重計に乗っている。

そうすれば太り始めたときもきをつけることができる。

「痩せたければ体重計に毎日乗れ」という言葉があるが、これは真実だ。何度も言うが現状把握できるからだ。

容赦なく数字で現実を突きつけてくれる。

一番わかり易いのだ。
計測できれば変化がわかる。
自覚があれば気をつけられる。

そのために必要なものは体重計。

一番カンタンで安上がりな
健康維持アイテムであることは間違いない。

買っておいて損はない。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして。けにひです。
東海地方在住、アラフォー男。独身。
20代後半から一人暮らしを始めて15年。

10年以上一人暮らしをする中で
「コレ、先に知っておけば良かったなぁ…」と思うことたくさん。

初めて一人暮らしをしようとしている人や、すでに一人暮らしを始めた人にちょっとでも暮らしを快適にする情報を提供できれば、と思ってこのブログを作ってみました。

僕の記事でキミの一人暮らしが少しでも快適になれば喜ぶ👍

目次
閉じる