イザという時に困ることに!一人暮らしの男でも着るものは気をつけろ!

一人暮らしの男でも着るものは気をつけるべし!

一人暮らしは何かとズボラになりやすい。
男の場合は特にファッション。

  • 「休日の服なんてテキトーで良いでしょ?」
  • 「ビジネス用のファッションなんて全部同じに見えるし、気にしなくていいや」

思っているそこのキミ。今すぐ考えを改めよう。

今日の記事はそんな内容だ。

目次

彼女がいなくてもファッションに気を配るのは大事

最近はファッションもこだわる人と、こだわらない人とで二極化が進んでいるらしい。

僕からの助言としては

「男もファッションに気を配れ!」

ということ。

その理由はこうだ。

  • イザというときにどんな服を着れば良いか分からなくなる。
  • 身だしなみに気を使わない人は職場や友人など周りの人からの評価が下がる。
  • 太ったりして体型が崩れやすくなる。

ということ。

何も「ブランド物で身を固めろ」と言ってるわけじゃない。

  • 清潔感がある
  • 体型にあっている
  • 過度に自己主張をしない

これらが正解だと僕は思っている。

カンタンに言ってしまえば「面白くないファッション」
が良い。

なんでこうなるかというと、ファッションというものは基本的に
「他者のためにするもの」
だからだ。

参加する場にいる人。
連れ立つ相手。

これを忘れて

「僕が着たいと思う服を着るんだ!」

と思って趣味に走ると
だいたい自爆することになるだろう。

「高いものを長く使う」発想も視野に入れる。

「高いものを長く使う」発想も視野に入れる。
一人暮らしの男でも着るものは気をつけるべし!

複でも靴でも良いものは良い。

こう見えて僕はオシャレが割と好きで学生時代、僕は59,800円のコムサデモードのモッズコートを着ていた。
そのモッズコートは僕が30歳前後になるまで着ていた。

クセがなく、暖かく、着回しのしやすいコートだったし、作りも頑丈で捨てる直前、ようやく袖口がほつれ始めたくらいの品物だった。

まだある。
同じく学生時代にVisというブランドの冬用ジャケット26,000円を買ったこともある。

ちなみにそのジャケットは今でも着てる。
20年着ていることになるが、なんと未だに袖口がほつれてない。

買った当時、生地が固くて腕曲げるとちょっと痛いくらいだったが、今ではすっかり僕の体に馴染んでくれた。

断っておくが、この2つは値段で買ったんじゃない。

「良い品物だな」と心から思ったから買った。

正直買った当時は

「いくら何でもちょっとお金使いすぎたかな…」

と思ったが、何年か着ているうちに、造りの良さが気に入ってきて、今では「やっぱり良い買い物だった!」と思っている。

靴で言えば10年くらい前にかった
アルフレッドバニスターのコンバットブーツがある。

このブーツも頑丈でデザインもかっこよく、今でも履いている。

手入れをきちんとやれば良いものは長く使えるのだ。

繰り返すが良いものは良い。

「安物買いの銭失い」という言葉があるように
中途半端に安いものを買って後後悔しないようにしたい。

どうせだったら
高くても良い品を買って、長く使おう。

環境にも優しいし、何より身につけて気持ちがアガるファッションというものはそれだけで人生を豊かにしてくれる。

お金がない場合は古着もあり

お金がない場合は古着もあり

最近だと古着女子、古着男子、などの
ハッシュタグを付けてインスタグラムを検索すると、おしゃれな服がたくさん出てくるし、

実際、メルカリなどで古着を売買している人も多いと聞く。

今の世の中はSDGsなど環境に配慮する動きも活発になってきているし、お財布にも優しいし、古着を選ぶ選択肢は悪くないと思います。

「誰かが使用した服を着るのはちょっと…」

と思う人もいるかもしれないが、そういう人でも
ジャケットやコートなど
肌に触れないアイテムなら選択肢に入るのではないだろうか。

ファッションは基本、他人のためのもの。だから一人の時は存分に楽しめ!

ファッションを甘く見るな。ダサいヤツは避けれるぞ。

断っておくが「ファッションは常に周りのためにするものだから、自分の趣味に走るな」
と、言っているわけじゃない。

「ファッションは自分のためじゃなくて周囲の人のためのもの」
「”個性”を履き違えて場にそぐわないファッションをするな」
ということだ。

これは裏を返せばつまり、

「一人で出歩くなら存分に趣味に走れ!」

ということ。

何しろ僕だって学生時代に
コムサデモードのモッズコートを着ていたわけだ。
今ふと思い出すと自分でも笑えてくる。

学生時代だったからできたが社会人になってからは、人と会う場でほとんど着なかった。
どう考えても浮いてると思った。

ただ、一人で外へ出る時はちょっちゅう着ていった。
それくらい気に入ってたから。

そういうとんがったファッションを経て、周りに合わせて徐々におとなしいファッションに落ち着いていくのが大人のファッションというもの。

全く興味がない人は店員さんに選んでもらったものを全部買え。
それで良い。

もしキミがファッションが意外と好きなら
今日の記事を参考に服や靴を買ってみてほしい。

店頭で買うだけ、ネット通販で買うだけが手段じゃない。

ファッションなんてどうでも良いと思っているそこのキミ。

  • デートなどイザというときにどんな服を着れば良いか分からなくなる。
  • 身だしなみに気を使わない人は職場や友人など周りの人からの評価が下がる。
  • 太ったりして体型が崩れやすくなる。

こういう時に困ることになるぞ。

オシャレの勉強をしておいて損はない。

そんな事言われてもオシャレなんてわからんし…

というキミにオススメな動画がある。

オシャレは別に難しくない。
「普通で良い」のだ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして。けにひです。
東海地方在住、アラフォー男。独身。
20代後半から一人暮らしを始めて15年。

10年以上一人暮らしをする中で
「コレ、先に知っておけば良かったなぁ…」と思うことたくさん。

初めて一人暮らしをしようとしている人や、すでに一人暮らしを始めた人にちょっとでも暮らしを快適にする情報を提供できれば、と思ってこのブログを作ってみました。

僕の記事でキミの一人暮らしが少しでも快適になれば喜ぶ👍

目次
閉じる