一人暮らしの通販の荷物受け取りはAmazon Hub、店舗受け取り、玄関置きにせよ!

一人暮らししていて通販で品物を買った時
アナタはこんなことで困ったことはないか?

  • 仕事から返ったら不在票。仕方ないけど対応めんどい…
  • 平日受け取り無理だから土日受け取りしかできない…
  • 配達を時間指定したのを忘れてた…
  • 運送屋さんが来た時にちょうどお風呂に入ってた。タイミング悪いなぁ…

一人暮らしの人は変わりに受け取る人がいないので、不在票の対応と再配達の手配、受け取りは面倒になると思います。

これは一人暮らしが長くなればなるほど、面倒に感じるところだ。

今日の記事はそんなキミのための解決法を教えよう。

目次

通販の受け取りは「自分のタイミング」での受け取りが重要

結論から言えばこれだ。
通販の受け取りはAmazon Hub、店舗受け取り、玄関置きにする。

玄関置きはさておき、Amazon Hub、店舗受け取りだと
「え?通販で注文してるのに自分で取りに行くの?」
と思ったかもしれない。

しかしここで考えてほしいのは「時間効率」だ。

例えばAmazonで注文をしたとして、受け取り時間帯はこうだ。

  1. 08:00~12:00
  2. 14:00~16:00
  3. 16:00~18:00
  4. 18:00~20:00
  5. 19:00~21:00

という時間の区切りになっている。

午前は実に 08:00~12:00 の間
いつ来るかわからない宅配業者のために
自宅に拘束されることになる。

午後以降でも2時間区切りとはいえ、その時間帯は家から動けない。

ちょっと買い物に行きたいな。
ちょっと郵便物を出しに行きたいな。
コンビニにスイーツを買いに行こうかな。

と思っても、動けない。

通販を宅配業者の時間帯に任せにするのは実は非常に時間効率が悪い。

そこでこうするわけだ。

Amazon Hub ロッカーに配達してもらう

Amazon Hub ロッカーに配達してもらう
荷物の受け取りは宅配ボックスや店舗受け取りで受け取ると時短になって効率的!

Amazon Hub ロッカーに配達してもらうと
自分が好きなタイミングで荷物が受け取れるので時短になって効率的だ。

宅配業者に任せると2時間とか4時間とかの単位で拘束されるが、自分で取りに行けば、15分か30分もあれば受け取りが完了できる。

時間効率は圧倒的だ。

Amazon Hub ロッカー とは
言わずとしれた通販最大手のAmazonが提供する共同宅配ボックス。
宅配業者はこの宅配ボックスに荷物を格納し、受け取る時は注文者が宅配ボックスまで出向いて暗証番号を入力して受け取る。

人口10万人以上くらいの街なら
多分いくつか設置があるはず。

名古屋市内だったらほとんどの場所で徒歩圏内にあるだろう。

わからなかったら、Googleで地図検索してみてほしい。

Amazon Hub ロッカー 名古屋市」で検索。

宅配業者の店舗受取りにする

宅配業者の店舗受取りにする
宅配業者の店舗受取りにする

Amazon Hubが使えない時は店舗受取りもアリだ。
配送場所を宅配業者の店舗にする。

店舗受取りにすることでやはり自分のタイミングで受け取りができる。
これも宅配業者任せにするより時短になる。

ただ難点としては宅配業者によって店舗が近くにないことも多い。

ヤマト運輸さんならかなり店舗数が多いので多くの地域でカバーできると思います。

しかしそれ以外の宅配業者は店舗数が少なく、店舗受取りは難しいかもしれない。

僕が実際に利用してみた感想。再配達より圧倒的に時間効率が良い

僕が実際に利用してみた感想。再配達より圧倒的に時間効率が良い

先に書いたとおりが全てだ。

正直、最初に Amazon Hubで受け取ったり、店舗受け取りするのは抵抗があった。

「なんで自宅に送ってもらえるのに、僕はなんで自分で歩いて受け取りに行くのだろう?」と。

しかし、荷物の受け取りにかかった時間と
自宅に再配達のために拘束される時間を考えた時、

「自分のタイミングで受け取れるのは超効率的だ!精神的な負担も減る!」と気づいた。

基本的には Amazon Hub に配達、大きさや品物の都合で Amazon Hub が難しい場合は店頭受取にしている。

これで何が良いかと言うと、買い物やクリーニングの受け取りのついでに荷物の受け取りもできる。

この
「ついでに○○ができる」
ついでに○○を完了する

というテクニックが一人暮らしでは非常に重要だ。

とにかく一人暮らしは時間効率が重要。

「せっかく一人暮らしで心身ともに自由になったのに、 家事に追われて休日が終わってしまった…」

これじゃあ何のために
一人暮らししたのかわからない。

荷物の受け取りは自分のタイミングで受け取れる
Amazon Hubまたは店舗受け取りがマストだ。

おさらい:Amazon Hub、店舗受け取り、玄関置きは時短にもなるし環境にも優しい!

おさらい:一人暮らしの荷物受け取りはAmazon Hubまたは店舗受け取りが最強の時短!

繰り返すが、一人暮らしの荷物受け取りはAmazon Hubまたは店舗受け取りが最強の時短になる、ということ。

2時間単位で時間を拘束されるより、宅配ボックスまで荷物の受け取りに往復20分、店舗だと受け取り5分と考えても25分。
拘束時間は25分で済む。

ちなみにこれは自分の時短になるだけじゃないんだ。

その理由はこうだ。

配送トラックが動かないからその分わずかでも環境に優しい。
歩くから軽い運動にもなる。

「歩いて持ってくるのが面倒くさい…」
思う人がいるかもしれないが何度も言うが一人暮らしはプライベートの時間をいかに効率よく使えるかが重要。

2時間の拘束が30分以内に収まる。

時間にしたら1時間半。

Youtube見るもよし、本を読むのもよし、ゲームのクエストを消化するのもよし。

1時間半を獲得するか、ただ宅配業者さんを待ってやきもきするだけの時間にするか。

選ぶのはキミだが、どっちを選ぶべきかはすぐにわかるだろう。

補足:最近なら玄関置きもアリ!

補足:最近なら玄関置きもアリ!

最近なら玄関置きもアリだ。

Amazonなら注文時に玄関おきが選択できる。

これなら
Amazon Hubや店舗受け取りよりもラク。

盗難のリスクを恐れている人もいるが、ぶっちゃけ日本国内ならほぼ安心だ。
(ゼロとは言えないが…)

Amazonなら配達完了時にメールで通知が届くので通知メールが届いたらなるべく早めに受け取りを済ませるようにすれば良い。

オートロックのマンションで宅配ボックスにも対応していない場合でも、玄関のスペースに置いてくれる。

僕も最近は玄関置きを選択するようにしている。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして。けにひです。
東海地方在住、アラフォー男。独身。
20代後半から一人暮らしを始めて15年。

10年以上一人暮らしをする中で
「コレ、先に知っておけば良かったなぁ…」と思うことたくさん。

初めて一人暮らしをしようとしている人や、すでに一人暮らしを始めた人にちょっとでも暮らしを快適にする情報を提供できれば、と思ってこのブログを作ってみました。

僕の記事でキミの一人暮らしが少しでも快適になれば喜ぶ👍

目次
閉じる